とりとめもないこと ブログのこと

画像や写真への説明文。上に書くか下に書くか。

更新日:



緑のものが全般的に嫌いムック(@mukku_0402)です。

登山の記録なんかを書いていると画像に対する説明文を上に書くか下に書くかで悩むんですよね。今まで特に理由はなく上に書いていたんですが、読んでいるブログを見ていると下に書いているのが多いことに気づいたんです。

上に説明文を書くのって読みづらいのかな?と思って少し調べてみました。

問題の説明

画像が一つでそれに対しての説明をするときはほとんど問題にならないと思うんですが、写真をたくさん使うときですね。画像と画像の間に説明文が入ることになるんですが、その説明文が上か下のどっちの画像に対する説明文か分かりづらいんです。

ちょっと例えの画像で説明していきたいと思います。

2015-12-12_11h19_52

分かりやすいように枠で囲ってありますが、これは画像の上に説明文を書いています。

2015-12-12_11h21_51

こちらは画像の下に説明文を書いていますね。

読んでいる方が意識されてるかは分かりませんが、今は画像の下に説明文を書いています

有名サイトはどうしてる?

どっちが良いかを調べていたんですが、結局書いている人の好みと書かれているのがほとんどでした。それだけだと何の解決にもならないので大手のサイトさんはどうしてるんだろう。っていうことでちょっと調べてみました。

 

デイリーポータル Z:@nifty

ニフティが運営するコラム・特集サイトです。無料の娯楽サイトで、 面白い場所を見つけたり、こんなことしたら面白いに違いないと思ったアイデアを実際に試したりしています。
デイリーポータル Z:@nifty

2015-12-12_10h45_16
画像の下に説明文ですね。丁寧に画像に対する文字は色を付けて、他の文章と区別しています。

オモコロ あたまゆるゆるインターネット

バーグハンバーグバーグが運営するお馬鹿な感じのお笑いサイト。キャッチコピーは「あたまゆるゆるインターネット」。
オモコロ あたまゆるゆるインターネット

2015-12-12_10h55_14画像の下に説明文です。

GIGAZINE(ギガジン)

GIGAZINE(ギガジン)とは株式会社OSA(所在地:大阪府大阪市)が運営している、日本語のブログ形式のニュースサイトである。 サイト名であるGIGAZINEとはオンラインマガジンとしてギガバイト級のサイトという意味で、「MAGAZINE(雑誌)」+「GIGA」を由来とする造語である

GIGAZINE(ギガジン)

2015-12-12_10h59_27

画像の上に説明文です。

画像をのせませんが、探偵ファイルも画像の上に説明文でした。

まとめ

もうちょっと何個かサイトを調べたんですが、規則性もあまりないのでやめました。

上の場合もあれば下の場合もある。でも画像に下に説明文の方が多い。

ということが結果です。

ここからは個人的な考察なんですが、画像と文章があったときパッと目がいくのは画像だと思うんですよね。画像の上に説明文を書いてしまうと、画像を見た後に説明文を読むために視線を上方向にづらす必要があります。ブログや記事を読むときは基本的には上から下への動きをしているので、逆へ視線をずらすことになります。

これって煩わしいですし、最悪文章を読まないということにもなりかねません。

という訳で今まで画像の上に説明文を書いていたんですが、これからは下に説明文に変えていこうかなと思います。

 







PICK UP記事と広告



-とりとめもないこと, ブログのこと

Copyright© 山とカメラと僕の覚書 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.