山道具について 登山のこと

子連れ登山、子供の登山の服装は何を用意する?

投稿日:



小学生の娘とよく登山に行くんですが、登山に子供を連れていきたいという知り合いから、どの程度の登山道具をそろえれば良いかを聞かれることがあります。

参考までに娘(小4)がどのような装備で山登りをしているかをまとめてみました。

20150816 077

服装

服装はほぼモンベルで揃えています。別にモンベルじゃなくても良いんですが、子供用でもサイズが豊富なので迷ったらモンベルになってしまいます。

シャツ

Tシャツはモンベルのボーダーロングスリーブを愛用しています。サイズも100cm~150cmまであります。真夏でも長袖ですが、肌寒い朝早い時間から登りますので問題はないです。虫刺されや日焼けのこともあるので、半袖よりも長袖を愛用しています。

ちなみに、モンベルのボーダーのTシャツは僕も愛用しています。肌触りが良くてとても気持ち良いです。

20160410 050

パンツ

パンツはストレッチ性があるモンベルのハーフパンツです。

中には制菌防臭効果を持つ吸水拡散性素材を使用したタイツ、モンベルのライトトレールタイツを履いています。

ソックス

ソックスもアウトドア用の靴下がおススメです。生地の厚さが違うのでクッション性がすごく良いです。一度普通の靴下で山登りに行ったら、すぐに靴擦れができてしまいました。

内側がパイル生地になっているので、履き心地も良いです。

帽子

山の上は日差しがきついので、帽子は必須です。被りやすくて子供が気に入ったものなら何でも良いと思いますが、あごひもがきちんとあるものを選びましょう。樹林帯を抜けて稜線にでると、風が結構強いですので帽子が飛ばされてしまう可能性があります。

あごひもが無い帽子を買ってしまったら、モンベルでハットストラップを購入することができます。

レインウェア

本格的なレインウェアを持っていないので、ユニクロのライトポケッタブルパーカーで代用しています。撥水使用にはなっていますが、たぶん機能はイマイチです。

朝などの冷え込んでいる時間帯に着ることが多いですね。

URL:ユニクロ|KIDS ライトポケッタブルパーカ(長袖)

フリース

春先や秋山だとフリースが必須になります。登山口では涼しい程度でも山頂での休憩時は凍えるような温度になるときもあります。

フリースは本格的なものを持っていると全然違います。山岳用のフリースは軽いのにものすごく温かいです。登山用に買ったフリースも小学校にいつも着ていくようになってしまい、すっかりモンベルガールです。

あまりにも同じものを着ていくので、裏地にナイロン生地が付いたフリースも買いました。色が同じなのでほとんど変わりませんが(笑)

その他のグッズ

ザック

ザックは重要なので、必ずお店で背負ってから買うようにしてください。娘のザックはカリマーのタトラ20リットルです。日帰りしかしませんし、防寒具とお菓子などを入れる程度なので20リットルでも余るぐらいです。

お気に入りのザックだと、登山に対するテンションも変わってくるようなので、子供が気に入ったものを是非。

ちなみに三女の幼稚園カバンはこちら

可愛くて一目ぼれして買いました。ぬいぐるみも付いているので三女も喜んでくれています。

登山靴

山荘で働いている知り合いに、子供の登山グッズで相談したときに一番に言われたのが登山靴でした。当然のことながら山は足で上ります。それだけに靴はとても重要です。

ハイキング程度の山なら運動靴で十分ですが、岩場があったり傾斜もそれなりにある登山道を歩く場合はハイカットの登山靴を買うことをおススメします。足のケガのリスクも減りますし、負担が減るので疲れも少なくなります。

20160410 055

子供用の登山靴の種類は少ないので、3つぐらいしか選択肢がありません。僕も履いていたキャラバンの登山靴を使用しています。

参考:子供用登山靴、キャラバンC1ジュニアを一年間使った感想を書いてみます

まとめ

夏休みも始まり、本格的にファミリー登山の時期になりましたね。今年は何座登れるかな?子供がついてきてくれるうちにガシガシ登りたいです。

昨年の子供と一緒に登った山のまとめと、子供と登山をするときの山の選び方について書いてますので参考にしてください。

参考:登山期を直前にして昨年(2015)の子連れ登山をまとめてみました。

 







PICK UP記事と広告



-山道具について, 登山のこと

Copyright© 山とカメラと僕の覚書 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.