寺社仏閣巡り

神の使い(神使)の動物のまとめ。

投稿日:



神社へ行くと動物が祀られています。

日本神話の中では特定の動物が神の意思を伝えるメッセンジャーとして登場します。神様と動物の組み合わせはほとんど決まっており、例えば菅原道真を祭神とする天満宮では牛が神使として祀られています。

中には稲荷神の狐のように、神使自体が神様として祀られる場合もあります。

神様(又は神社のグループ)と動物の組み合わせを覚えておくと、神社参拝の楽しみが一つ増えるかもしれません。

神さまと動物の組み合わせは決まってる。

スポンサーリンク




御朱印集めが趣味な人は神使の印がある御朱印なんかも多いので探してみるのも良いですね。「新・かわいい御朱印めぐり 水の神さま・山の神さま・恋の神さまにごあいさつ」には動物のついた御朱印特集もあります。

神の使い(神使)の動物のまとめ

天神様の牛、お稲荷さんの狐、春日大社の鹿、八幡様のカラスなどが有名でしょうか。

動物 神・神社
天神(天満宮)
ねずみ 大黒様(大豊神社など)
うさぎ 住吉神社
日本武尊(やまとたけるのみこと、三峯神社など)
白鷺 日本武尊(やまとたけるのみこと、白鷺神社など)
八幡神(八幡宮)
うなぎ 大山祇神(三嶋神社)
二荒山神社
鹿 春日神社、鹿島神宮
日吉大社、浅間神社
伊勢神宮
諏訪大社
伏見稲荷
カラス 熊野三山

鶴岡八幡宮の鳩

20170626 221

春日大社(奈良公園)の鹿

20170530d 049

まとめ

神社を参拝するときに神使を探してみるのも一つの楽しみなんじゃないかと思います。







PICK UP記事と広告



-寺社仏閣巡り

Copyright© 山とカメラと僕の覚書 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.