山道具について 登山のこと

トレッキングポール(ストック)選び、アンチショックシステムは必要なの?

投稿日:

登山をはじめるときに買う道具の一つとしてトレッキングポール(Trekking Pole)があります。ストックとも呼びますね。

グリップの形状がT型のものにするか、I型にものにするかなど色々な選択肢がありますが、選択肢の一つにアンチショックシステム(コントロールショックテクノロジー)を採用したものにするかどうかがあります。

アンチショックシステムの有るものと無いものを一年間使ってみたので、今回は

その感想を書いていきたいと思います。

20160907-007

トレッキングポールの役割

まずトレッキングポールの役割、メリットデメリットを説明していきます。

トレッキングポールのメリット

足・ヒザの負担の軽減

登りのとき、腕の力でアシストすることにより足への負担が減ります。下山時にはこの効果は大きく、下山の時は足・ヒザへの衝撃がかなり大きいです。そのためヒザを痛めてしまう人が多くいるんですが、トレッキングポールを使って下ることによってヒザへの衝撃を減らすことができます。

私も最近は登りはトレッキングポールを使うことが少なくなってきたんですが、下山時は必ず使っています。

体が安定する

トレッキングポールを進行方向に先に突いて足を進めることにより体のバランスが安定します。

トレッキングポールのデメリット

重い

トレッキングポールは重さがだいたい500g前後、軽いものでも200gを超えるものが多いです(2本セット)。短時間の登山ならまだしも長時間の山行だと負担も積み重なります。極端に軽いものは耐久性に乏しく結構簡単に折れてしまいます。

邪魔なときがある

岩場はハシゴを使って登る箇所などではトレッキングポールは使うことができません。たまに持ったまま登っている方も見かけますが、枝などに引っかかって体のバランスを崩してしまう可能性も否定できません。出したりしまったりも結構面倒です。

アンチショックシステムの効果

アンチショックシステムとはポールの中にスプリングが内蔵されていて、手首や腕への負担を軽減させる役割を担うものです。スプリングがショックを吸収してくれます。

Black Diamond(ブラックダイヤモンド)のトレイルプロショックトレイルプロを使っているので、比較してみたいと思います。

トレイルプロショック

20160907-009

アンチショックに対応したモデルがトレイルプロショックです。ブラックダイヤモンド(Black Diamond)のストックですが、CST(コントロールショックテクノロジー)といいます。

ストックを地面につけてぎゅっと押してもらうと分かるんですが、アンチショック対応モデルはストック自体が伸縮してくれます。長さとしては僅かですがこれが手首や腕などの負担を和らげてくれます。

名称トレイルプロショック
サイズ68-140cm
収納時サイズ68cm
重さ(2本)615g

トレイルプロ

アンチショックシステムが内蔵されていないトレイルプロのグリップはシンプルです。

20160907-010

名称トレイルプロ
サイズ63-140cm
収納時サイズ63cm
重さ(2本)545g

2つを一年間使ってみて

グリップの部分だけ並べてみました。

20160907-011

アンチショックに対応したトレイルプロショックは、確かに吸収性があります。ストックを押し込むとストック自体が沈み込むことによって吸収を和らげてくれるのが分かります。しかし、その柔らかさが逆に違和感を覚えることがあります。頼りなさを感じてしまうんですよね。

また、長さと重さの問題もあります。アンチショックに対応したモデルは構造が複雑になる分だけやや重くなります。615g(有り)と545g(無し)なので差は70g。私のような短距離日帰りトレッカーには大したことない重量差ですが、10時間を超える縦走を続けるような人には気になる重さだと思います。

一番短くしたときの長さは68cm(有り)と63cm(無し)と差が5cmもあります。使っているときは自分に合った長さにするので関係ないのですが、ザックに取り付けているときにこの長さは影響がかなり大きいです。68cmだとザックの上から結構出てしまうんですよね。ザックの上に飛び出していると人に迷惑をかけかねないだけじゃなく、木の枝にひっかかって自分がバランスを崩して転倒することもでてきます。

バランス安定のために持って行ったストックのせいでバランスを崩して転倒していたら意味ないですね。

20160907-008

まとめ

上のことを総合的に考えると、アンチショックはそれほど必要ないんじゃないかな?と感じています。力を吸収してはくれるんでしょうが、実際登っているときは正直分からないぐらいです。それよりも長さと重さの方が気になりますね。

アンチショックが足やヒザへの負担も軽減してくれるのであればバンバン使っていきたいと思いますが、足やヒザへの負担軽減効果はないようです。

手首や腕に怪我をしたことがあり不安が残るような方以外はそれほど気にしなくても良いのかなと思います。

もちろん個人的な感想なので参考程度に留めておいていただければと思います。

トレッキングポールは安物を買うと結構簡単にぽきっと折れてしまいます。軽さにあまりこだわらず、剛性の高い、頑丈なものがおススメです。







PICK UP記事と広告



-山道具について, 登山のこと

Copyright© 山とカメラと僕の覚書 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.