カメラのこと

星を撮るのに最適!?「SIGMA 20mm F1.4 DG HSM」が知らぬ間に正式発表されていた。

更新日:



SIGMA 20mm F1.4 DG HSM 2015年11月20日(金)発売!!

20151107 001

カメラ好きの人だったらみなさまご存じのっていうサイトがあるんですが、それがこちら

[blogcard url="http://digicame-info.com/"]

カメラ好きの方々は(もちろん僕も含め)、フルサイズ機の新発売や大口径のレンズの発表をまだかまだかという気持ちでこのサイトを見て思いを募らせるのです。

最近はレンズ欲も落ち着いているのであんまり見ていなかったんですが、ちょっと気になるレンズについて載っていました。っていうか、もう正式発表されてますし!

SIGMAというサードパーティーのレンズなんですが、artラインと呼ばれるレンズは名玉が多いんです。ちなみに優れたレンズのことを「名玉(めいぎょく)」なんてよく言います。

20151107 002

僕も”SIGMA 35mm F1.4 DG HSM”というレンズを所有していますが、NIKON純正の35mmに引けを取らないぐらい良いレンズです。

20mmほどの広角レンズだとあんまりボケないのでボケ大きく出したい撮影には向きません。ですので、そこまで明るいレンズは必要ないのですが、しかしながら暗い場所でわずかな光りを捕まえるような撮影にはF1.4という明るさは大幅な利点になります。

”暗い場所でわずかな光を捕まえるような撮影”

勘の言い方はピン!ときたかもしれませんが、星空の撮影ですね!

星を点で捉えたいときには広角レンズが有利ですし、露光時間を短くできる明るいレンズが有利です。20mmのレンズっていうと今まではF1.8のレンズぐらいしかありませんでした。

SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF

AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

SIGMAの20mmF1.8のレンズは僕も持っているんですが、星を撮るにはいささか解像力が甘いんですよね。開放(F1.8)で撮ると星がぼやっとしてしまってなかなか締まった絵が撮れませんでした。

同じSIGMAのレンズですがARTラインのレンズはほぼ外れなしですし、解像力にも評判があります。これは大期待!

発売日は2015年11月20日(金)。お金もないですので今のところ購入予定はないですが、空気が澄んできたこの時期にこんなレンズをだすSIGMAさんは時期も含めてさすがだなーって感じです。

[blogcard url="https://www.sigma-photo.co.jp/new/new_topic.php?id=924"]

 

価格.comを見てみたら、現時点で117,000円弱で出ていました。これを高いとみるか安いとみるかは難しいですが、新しいレンズが出るとわくわくするってもんです。

[blogcard url="http://kakaku.com/item/K0000820870/"]

 

来週には新月!

寒い空の下星空撮影も良いですね。

こちらの記事もどうぞ

「SIGMA 20mm F1.4 DG HSM」の作例って見ました?PHOTOYODOBASHIの作例を見たら久し振りにレンズで心が躍った。







PICK UP記事と広告



-カメラのこと
-

Copyright© 山とカメラと僕の覚書 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.