原宿のハリネズミカフェで究極の癒し。ハリネズミ可愛いよハリネズミ。

明治神宮を目的に原宿へ行ったときのこと。

ラーメンを食べて店舗外に出たら、同じビルに面白いお店が!ハリネズミカフェ「HARRY」

ハリネズミカフェ「HARRY」

ハリネズミは可愛いな~と思っていたんですが、さすがに飼うには敷居が高い。ちょっと見てみたいとは思っていたんですが、ハリネズミカフェなんてものがあるなんて!

調べたら、六本木に初めてのハリネズミカフェ「HARRY」ができ、その2号店がこのお店らしいです。ハリネズミカフェは世界的にも珍しいらしく、中には外国人の方もたくさんでした。

ハリネズミだけのカフェは珍しいようですが、ハリネズミも触れる小動物と触れ合えるカフェは全国各地にあるようですね。大きい都市にはだいたいありそうだったので、東京までいけない人は調べてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル大

ハリネズミカフェ「HARRY」原宿店の場所

お店は、JR原宿駅の表参道口、もしくは東京メトロ明治神宮前駅の千駄ヶ谷口から徒歩数分神宮橋交差点付近にあります。

ハリネズミカフェ「HARRY」原宿店の概要

時間は12時~20時まで。

画像はお店のホームページから拝借しましたが、ハリネズミのタイムスケジュールに合わせて営業時間も短め?なんでしょうか。

URL:ハリネズミカフェ「HARRY」原宿店

ハリネズミカフェは当然写真撮り放題。せっかくハリネズミと触れ合うなら写真撮りたいですもんね。

その他、色々な注意事項はありますが、お店のホームページを確認してくださいませ。

ハリネズミの写真をたくさん撮ってきたよ!

では、ハリネズミの写真とともにお店を紹介していきたいと思います。カウンター席とテーブル(?)席がありますが、2人の場合はカウンター席に。カウンターにハリネズミの入った透明なボックスが埋め込まれており、専用のハリネズミさんが与えられます。

贅沢なことに、目の前にもハリネズミ!こちらは触ることができませんが、至る所にハリネズミで癒されます。

店内の様子はこんな感じ。都内にしては結構広いですよね~。そして外国人が多い!明治神宮も外国人観光客が多かったですが、負けずとハリネズミカフェにもたくさんいました。

席に着くと店員さんがひととおりの注意事項などを教えてくれます。素手でも触れますが、手袋も用意されています。

zicraって可愛いロゴが書いてありますね。ペット商品の開発・製造販売をしている会社のようです。爬虫類・小動物用品を専門で扱っているんですね。ロゴが可愛い!

ではもったいぶりましたが、ハリネズミの写真たち!

結構豚っぱな!でもキュートですね。萌えです。おっさんが、可愛い可愛いと連呼していました。手の中が嫌な子もいて、抱っこすると降りたくて暴れたりします。

おなか丸見えですね。

まわりの小物も可愛いので、写真撮ってても楽しいです。っていうか同じような写真を何枚も撮ってしまいます。ついついね。

そうそう気になるお値段なんですが、基本30分単位の料金体系です。基本30分で1400円。おやつセットもありまして、こちらは30分で1630円。

餌をあげたいので迷わずおやつセットにしました。

餌は虫です。結構グロいもおのを食べるんですね。

ほれほれ、とちょっと意地悪をしてみます。

伸びてる姿が可愛い!

こちらにいるハリネズミですが全て購入することができます。店内には価格表が。だいたい3万円~5万円くらいでしょうか。

アプリコットは何と10万円でした。全部同じに見えていたんですが、色んな種類がいるんですね。

ひととおりお店の紹介をしたので、最後に撮りすぎたハリネズミの写真をありったけ投下して終わりたいと思います。

まとめ

昨年、娘2人と一緒に原宿へ旅行したんですが、こんな面白い場所もあったんですね。

娘2人と父親でお泊り東京旅行に行ってきました。

小学生の娘と行く原宿への親子旅行、竹下通りのおススメスポット

原宿は竹下通りしか行ったことありませんでした。竹下通りは子供的には楽しい場所ばかりなんですが、正直大人としては楽しそうな場所はほぼ皆無でした。でも竹下通りを少し離れると面白い場所がたくさんあるんですね。カフェなども竹下通りとは全然違う雰囲気のお店がたくさんでした。


ハリネズミって英語で「hedgehog」っていうんですね。へーへーへー。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA