登山のこと

都内、未就学児の子どもでもボルダリング・クライミングを楽しめるお台場体験。

投稿日:

お台場のレゴランド東京で遊んだ(お台場の「レゴランド東京」に小学生連れて遊びに行ってきた。)後、ボルダリング体験をしてきました。

小学校高学年の次女はずっとクライミングに興味があったんですが、なかなか連れて行ってあげられませんでした。僕もレゴランドの目的だけでデックスに行ったんですが、ふらふらと歩いているとボルダリング体験の看板が。しかも未就学児などの子どもも体験できるらしいじゃないですか。

レゴランドで目いっぱい遊んだ後に、まだまだ元気な次女を連れてボルダリング体験へ行ってきました。

 

クライミングとボルダリングの違いは?

記事を書いてて気になって調べたんですが、ボルダリングとクライミングの違いって何なんでしょう?

ボルダリングはロープやハーネスなどの安全機具を使わずに、飛び降りることが可能な低い岩壁や人口の壁を登るスポーツをいいます。一方クライミング(フリークライミング)は、ロープやハーネス(安全ベルト)などの安全確保のための用具を使用した状態で岩壁、人口壁を登る競技。つまり、ボルダリングとクライミングの違いは命綱などの安全機具の有無の違いのようです。

アウトドアクラブハウス|お台場

小さい子供が体験できるボルダリング施設ってあんまり無いんですが、お台場にあるアウトドアクラブハウスは子ども大歓迎の子供にやさしいボルダリング施設。

場所はデックス東京ビーチの3階、店舗名は「アドベンチャークルーズ21」です。

お店の外観はこんな感じ。これはウォールができたときのデックス東京公式instgramの画像を引用させていただきました。

ボルダリングの料金、営業時間

利用料金などをまとめてみました。

  • 営業時間:11時~20時30分
  • 料金:ボルダリング15分:500円
    クライミング昇降2回:500円
    両方セット:900円
  • 年齢制限:3歳以上

特色すべきは年齢制限が3歳以上と未就学児でもボルダリングが行えるということです。未就学児可能!

予約不要で楽しむことができます。手ぶらで何の道具もいりません。素足でのボルダリングになるので、シューズも要りません。15分から行えるので気楽に行えますし、何しろ子供大歓迎の施設なので、店員さんも優しい!嫌がられることは全くありませんでした。

なぜ子供大歓迎なのか?

このショップを運営している「アウトドアクラブハウス」は子供向けのアウトドアイベントをたくさん手掛けている団体です。この「お台場でボルダリング体験」だけではなく、アウトドア専門学童クラブ、365日アウトドア体験、ウィークエンド・アウトドアプログラムなども企画・運営しています。

参考:アウトドアクラブハウス|プログラム

娘がボルダリング体験をしている間に店員さんとおしゃべりをしていたんですが、子どもの利用者も多く、それこそ最低年齢の3歳のお子さんもたくさんボルダリングを楽しんでいくようです。

ボルダリング体験をしてきた。

我が家も全然ボルダリング体験をする予定はなかったんですが、デックスで看板を見つけてふらっと体験に参加してきました。

体験したのは小学高学年の次女。半年前くらいからボルダリング・クライミングを始めたいと言っていたので、ボルダリングがどんなものかを理解するのにちょうどタイミングが良かったです。

難易度ごとのウォールやルートが用意されているので、初心者にも安心です。

ボルダリングなんてルールも知らない状態で本当にはじめての体験だったので、ルールもしっかりと教えていただきました。みんな適当に好き勝手に登っているわけではなかったんですね...(汗)

体験の様子はこんな感じ

運動をするような恰好ではなかったんですが、快く教えていただきました。靴と靴下を脱ぐだけです。

15分のコースを申し込んで行ったんですが、平日の昼間で人もほとんどいない状態だったので、かなりおまけをしてもらっちゃいました。ラッキー。

初めてだった娘も大満足の様子でした。

まとめ

次女は僕の趣味である山登りにもたくさん付き合ってくれるアウトドアな娘。僕は全くクライミング・ボルダリングには興味がなかったんですが、娘が自分で興味を持ってくれたのは嬉しいですね。

地元でもボルダリング教室を見つけたので、習い事の一つとしてボルダリングかクライミングを始めることになりそうです。

参考:子連れ登山、子供の登山の服装は何を用意する?







PICK UP記事と広告



-登山のこと

Copyright© 山とカメラと僕の覚書 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.