撮ってきました

巨岩・奇岩が連なる寝覚の床で遊ぼう。木曽の上松町に行ってきました。

更新日:

寝覚の床に行ってきました。寝覚の床は臨川寺の境内をとおって行くことになります。

参考:木曽七福神の一つ臨川寺で参拝と御朱印拝受してきました。

この日は午前中に阿寺渓谷でハイキング。せっかくなのでもう一か所行こうということで、寝覚の床に行ってきました。

参考:阿寺渓谷(あてらけいこく)でエメラルドグリーンに輝く川を見ながらハイキング。

 娘二人と3人でお出かけしてきたんですが、阿寺渓谷でハイキングした後なので、おなかがぺこぺこ。ランチスポットを調べたら、寝覚の床近くに「ねざめ亭」なるところがあるじゃないですか。早速向かいます。

寝覚の床でランチ

昔はレストラン木曽路があった場所ですが、数年前閉店したと聞いていました。今年(平成29年)4月1日にリニューアルして、ねざめ亭としてグランドオープンしていたようです。

URL:ねざめ亭

メニューは多種多様なものがあり、和洋とそろっていました。僕はオムライス。

おなかが空いたと車内でずっと叫んでいたなぜかパンケーキを選んでいました。

案の定足りなかったらしく、僕のオムライスも半分以上取られました...

店内には田中要次さん。まさかの有名人の出現にびっくりです。写真も快くOKしてくださいました。

往年の名台詞「あるよ」をお願いしたんですが、無口な方で言ってはいただけませんでした。

失礼なお願いをして申し訳ございませんでした。

完全な茶番劇ですね。お察しのとおりもちろん人形です。田中要次さんは寝覚の床のある上松町のお隣り、木曽町の出身なのです。

ねざめ亭に行ったら是非行ってほしいのがテラス。テラスから寝覚の床が一望できるんです。まさに絶景!電車が来たら良いなと思って少し待っていたんですが、待つのに飽きてしまってしまいました。

いやー鮮やかですね。

かなり色合いをいじっていますが実際はもうちょっと地味。SNSにありそうな色合いにしてみましたが、実際の風景はこんなんです。

ま、実際はこんなもんですね。

ねざめ亭に行ったらもう一つ行ってほしいところ。僕は男なので行けないんですが、テラスの端にあるトイレです。開放的な気分で用を足せると話題沸騰なスポットなのです。写真はないので是非自分の目で確かめてください(女性のみ)

ねざめ亭だけで写真が多すぎですね。では、メインの寝覚の床へ行ってみましょう。

寝覚の床

寝覚の床の駐車場

寝覚の床の駐車場は、国道19号沿に専用駐車場があります。値段は500円。

車を移動させないといけないのかな?と迷ったんですが、ねざめ亭の人に聞いたら車はそのままで良いですよということで、ねざめ亭に車を置いたまま歩いていきました。歩いても1分ですからね。

寝覚の床の入り口は臨川寺にある。

寝覚の床に行くには臨川寺の境内をとおる必要があります。そのため参拝料が200円必要になります。

寝覚の床の入り口。ここからはかなり急な坂道となります。寝覚の床でも岩場を歩くことになるので、サンダルやクロックスなどではちょっと危ないかな。運動靴がおススメです。

奇岩・巨岩がたくさんの寝覚の床を歩く

坂道の写真はないので、ワープして寝覚の床。岩の先に建物が見えます?あれは浦島堂。

そう、この寝覚の床は浦島太郎が釣りをしたという伝説があるのです。玉手箱を開けたのもここなんですね。

見よ、この巨岩!でっかいですねー。

岩が面白くって写真もたくさん撮ったんですが、写真確認してみると、まーどれも変わり映えがしないですね。でもせっかくなので写真をどうぞ

写真を撮って遊んでいたら、三女が寝ていました(笑)何してんだか。

せっかくなので浦島堂へも参拝に行きましょう。

岩を渡って行かなくちゃいけないので、小さい子にはちょっと大変かな?保育園児の三女は頑張って自分で歩いてました。浦島堂に到着。

振り返るとお昼を食べたねざめ亭も見えました。

岩から生える赤松。もう岩と樹が一体化してる!

そうそうこの岩は花崗岩。それにしてもこの削られ方が面白い。

岩には柵もないのでぎりっぎりのところまでいけます。玉ひゅん!

岩だらけで何の面白みもない写真のオンパレードでしたね。どうもすいません。

子どもたちもアスレチック気分が楽しかったらしく、大はしゃぎでした。そんなところで目覚の床はおしまい。

 

 

 

 

 







PICK UP記事と広告



-撮ってきました

Copyright© 山とカメラと僕の覚書 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.