撮ってきました

砂浜のような不思議な山頂。日向山へ子連れハイキングしてきました。

投稿日:

GWの最終日、前々から気になっていた日向山へ行ってきました。この日向山(ひなたやま)ですが、山頂が砂浜のような不思議な光景なんです。初心者でも登りやすい山として色々な雑誌で紹介されていて気になってはいたんですが、ようやく行けました。

20160508-182

日向山 (ひなたやま)

日向山(ひなたやま)は、山梨県北杜市にある標高1,660mの山。赤石山脈の甲斐駒ヶ岳から鋸岳への尾根の途中から北側に派生した尾根にある。 山頂(三角点)付近は樹木に遮られているため展望はないが、山頂の西に雁ヶ原(がんがはら)と呼ばれる花崗岩が露出したザレ場があり、そこは甲斐駒ヶ岳や八ヶ岳連峰の展望台として知られている。

引用:wikipedia|日向山(山梨県)

この山の特徴はなんといっても山頂の白砂!山頂付近では花崗岩が風化してできた砂浜のような不思議な光景が広がっているんです。矢立石登山口からの標高差は500m弱と子供と行く子連れ登山にはちょうど良い山だと思います。

日向山への登山ルート

2016-05-09_18h27_54

最も簡単なルートは尾白川林道にある矢立石駐車場(登山口)から登るルートです。尚、日向山から雁ケ原へ下るルート(日向山山頂~錦滝)は北杜市により通行禁止に指定されています。登りも注意が必要なようです。

20160508 014

矢立岩からのルートは1時間ちょっとと短いため、もっとがっつり登りたい方は尾白川渓谷駐車場から旭滝、神蛇滝、不動滝、錦滝という尾白川渓谷を沿って歩き、雁ケ原の急登を登って日向山山頂を目指すルートが人気なようです。写真をみると、尾白川渓谷はエメラルドグリーンがきれいなので一人で是非行ってみたいルートです。

登山口

尾白川林道を登って行くと、10台ほど車を止められる矢立石駐車場があります。上の地図の方が分かりやすいですね。

コースタイム

累積標高は600m超えしていますが、山頂付近で遊んでいたので多目にカウントされています。登山口から山頂までの標高差は500m欠けるくらいです。

2016-05-09_19h06_17

出発時刻/高度: 08:06 / 1083m
到着時刻/高度: 11:57 / 1139m
合計時間: 3時間51分
合計距離: 5.14km
最高点の標高: 1654m
最低点の標高: 1076m
累積標高(上り): 643m
累積標高(下り): 577m

コースタイム:2時間30分(登り:1時間30分、下り:1時間)

見どころ

見どころは何といっても山頂の花崗岩による白砂です。この景色はなかなか出会えません。甲斐駒ケ岳もきれいに見えますし、天気が良ければ八ヶ岳、北アルプスを望むことも可能です。

方角的に富士山は見えないのかな?って思っていたんですが、富士山もくっきり確認できました!

20160508 167

白州・尾白の森名水公園「べるが」という施設の中にある日帰り温泉施設「尾白の湯」に入ってきたんですが、これまた良い!景色も抜群ですし、超高濃度の天然温泉が気持ち良かったです。建物も比較的新しいようできれいな施設でした。

 







PICK UP記事と広告



-撮ってきました

Copyright© 山とカメラと僕の覚書 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.