残雪残る北アルプスの燕岳(つばくろだけ)へ日帰り登山をしてきた。(山行編)前編

前回の知識編の続き、山行編です。
登山ルートの情報、温泉情報などは知識編をみてください。

残雪残る北アルプスの燕岳(つばくろだけ)へ日帰り登山をしてきた。
5月末。まだ残雪が残る時期に燕岳に登ってきました。 燕岳は雑誌で泊まりたい山荘ランキングがあると、いつも上位に入っている燕山荘...

20150530-126

スポンサーリンク
レクタングル大

概要

時期と天候

2015年5月末、快晴

合戦尾根から燕山荘付近までは残雪がありました。

主な装備

(身につけているもの)

  • 夏山用の服装
  • ストック
  • ザック30L
  • 帽子
  • カメラ

比較的温かい日だったので軽装です。

(ザック内のもちもの)

  • 応急処理グッズ
  • 水0.5L(ナルゲン)
  • 山専用ボトル900ml(カップヌードル用分)
  • ヘッドライト
  • レインウェア
  • 座布団(座るときのマット)
  • フリース
  • チェーンスパイク
  • 食糧(カップヌードル、おにぎり、チョコなど)

合戦尾根から燕山荘付近まではチェーンスパイクを付けて登りました。軽アイゼンの人と半々といったとことでしょうか。何も付けていない人もちらほらといました。

山行

2015-12-22_14h22_56

燕山荘HPより

合戦小屋までは樹林帯を行きます。合戦小屋から先は北アルプスの三大急登の一つ合戦尾根です。

駐車場から登山口まで

20150530 004

朝の5時に着いたのにこの賑わい。第一駐車場にかろうじて止められましたが、あと数台分しか空いてませんでした。さすが人気の山です。第二駐車場だと歩く距離が長くなるので、なんとしてでも第一駐車場に止めたい!

登山しておきながら言うのも何ですけど、歩くの嫌ですもんね。なるべくみじかーく。

20150530 003

駐車場から道路にでるとお猿さんのお出迎え。近づいていくと逃げて行きました。20150530 006

10分ほど歩くと登山口である中房温泉に到着します。ここにも大駐車場がありますが、温泉施設用の駐車場なので、登山者は止められません。だめよーだめだめ。

中房温泉登山口から合戦小屋まで

合戦小屋までは一時間おきぐらいに休憩ポイント(ベンチ)があります。

まずは第一ベンチ

20150530 015

まだまだ4.5kmもあります。「山と高原地図」アプリで記録しているGPSログを見てみると、この日は13.2kmも歩いていました。なかなかきついわー

20150530 016

第一ベンチ付近には水場もあります。「山と高原地図」は水場情報もきちんと載っているので本当に便利です。これなしで登山は考えられません。

20150530 019

上を見あげると、新緑がきれいー!

なんて樹なんだろう。

20150530 024

続きまして第二ベンチ

第三ベンチをかっ飛ばしまして富士見ベンチです。

20150530 034

この辺りまでは前日の飲み会をもろともしない勢いでがつがつ登っていました。

20150530 042

でも合戦小屋に着く頃にはばてばてモード。この辺りで標高差1000mですからね。スカイツリー(634m)よりも高い1000mですよ。そりゃー疲れるわけです。

この後に控える合戦尾根に怯えます。

20150530 041

これで荷揚げをするみたいです。燕山荘グループの方が一生懸命作業されてました。おつです。

いざ合戦尾根を登り燕山荘まで

20150530 044

合戦小屋から先は残雪があるということでチェーンスパイクを装着します。

装備が何が必要なんだろう。と悩んだときはスマホアプリ「ヤマレコ」の山行記録をチェックするのが便利です。人気の山であれば何かしらの情報が載っています。

20150530 048

合戦尾根は思ったよりは楽ちんでした。やっぱり視界が開けるとテンションも上がりますしね。樹林帯を登る方がよっぽどしんどいです。

20150530 050

とはいえまだまだ三分の一も残っています。しんどいけれど、北アルプスの稜線がきれいー。

20150530 060

あそこら辺が燕岳なのかな?と地図を見ながら登ります。

20150530 061

雪の状態はこんな感じです。締まっているので踏み抜くことはありませんでした。

ずぼーーーって足がはまっちゃうとつらいですもんね。

20150530 063

みんなの憧れ槍ヶ岳と初対面!

槍ヶ岳は一目で分かるとは聞いていましたが、本当に一目で分かりました。かっこいい!

20150530 068

振り返れば富士山!うっすらだけで富士山なのであります。

20150530 069

気付けば燕山荘の直下まで来ていました。

この直下の登りが一番きつかったです。目の前ににんじんぶらさげられた馬のようにがんばりましたけど。

20150530 078

一面の青空も良いですが、雲があった方が空に表情がでて良いですね。

この日は最高の天気でした。無事に燕山荘到着!

まだまだ写真が多いので2回に分けます…

残雪残る北アルプスの燕岳(つばくろだけ)へ日帰り登山をしてきた。(山行編)後編
登山ルートの情報、温泉情報などはこちら。 前編はこちらになります。 写真が多すぎて分けました。後編です。燕山荘到...
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA